<< 楽譜を読むということ | main | 不二家 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「あらしのよるに」
あらしのよるに前から観たいと思っていた「あらしのよるに」を観に行きました。
これから観る方もいるでしょうから、ネタバレになるといけないので、あまり書きませんが、感動しました〜!
メイ(ヤギ)もすごくかわいいし♪
何度も泣きました。

「友情」の話なんですが、メイ(ヤギ)もガブ(狼)もオス。
もし、これが異性の話だったら、どうなったんでしょうねぇ。
「悲恋」の話ももつれてくる・・・??なんて余計なことも考えてしまった私(^_^;) 
大人になると嫌だ、嫌だ(+_+)

「相手を信じること」は、とても大切なこと。
「信じあうこと」は一人では出来ないし、相手も同じ気持ちになってくれることだから、とても幸せなこと。
最近、人間関係も薄っぺらいものになりつつあるような事件をよく耳にするので、こういう映画はとても心が温かくなる。

娘もそれなりに感じることがあったようだった。
最初の方は、よく理解できなかったみたいだし、狼の動きや話し方が面白かったらしく、笑うところじゃないのに、一人ウケたりしていたので、「この映画は、ちょっと早かった??」と思ったが、途中からは集中して観ていた。
観終わると、「なんか、泣きそうだね」と言っていたし。
「いい狼さんもいるもんね。メイちゃん(のこと)食べなかったし)」としきりに言ってました。

けど、「友情」のために、それまでの仲間や家族を捨ててしまったことは、親の立場に立つとちょっと複雑。。。
うーーーん。難しいねぇ。


「映画」ってやっぱり良いなぁ♪
また行きたい!

| 映画館で見た映画 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:49 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://doremifaso.jugem.jp/trackback/30
トラックバック