スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
子ぎつねヘレン


娘と、映画子ぎつねヘレンを観に行った。

感想ですが。。。泣けました〜(:_;)
獣医さんと、少年と、目が見えない耳が聞こえない子ギツネ、ヘレンとの3週間の話。
まだ観てない人もいるだろうから、ネタバレになるので、詳しいことは書けませんが、ちょっとだけ。

転校してきたばかりの太一は、学校の帰り道に1匹の子ギツネに出会います。
母親キツネに置いていかれたそのキツネと、仕事の為母親と離れて暮らす自分を重ねてしまいます。
それからその子ギツネは耳が聞こえなく、目も見えないということを知りますが、自分が母親代わりになって愛情を持って一生懸命育てる太一。。。そしてそんな太一に心に開くヘレン。。。

心温まる作品ですが、とてもせつない。
どんな小さな動物でも、例えそういう運命だとわかっていても、命は大事、尊いもの。
それを改めて教えてくれた映画だったと思います。
娘は勿論、この映画を観た全ての子供たちに伝わってくれれば・・・と願わずにはいれませんでした。

ちょっと違うかもしれませんが、獣医が「これがヘレンの世界だ」と言って、太一の耳栓をして、目隠しをして、一人にする・・・というシーンがありました。
「ちょっとやりすぎじゃない?」と言う娘に、獣医さんが
「これが、ヘレンの世界だ。
 命を引き受けるからには、その責任を知る必要がある」みたいなことを言います。
これって人間の子育てにも相通ずることかな・・・と思いました。
親になる「責任」。
結婚したら、「子供が欲しい」って思うけど、ちゃんとその『責任』を感じないといけないと。
子供の目線に立って考えたりすることも必要。
そういう意味でも、私にとって冷静になれる時間でもあったと思います。

幼い娘には、話の全ての内容はわからなかったみたいだけど、それでも、帰宅後は、パパに映画の内容を説明して、
「リズムも悲しかったんだ。。。
 ヘレンは、お耳もお目目も見えないのに、ミルクもお肉も食べれるように頑張ったんだよ。
 でも、頭に悪魔が住んでいて、倒れて死んじゃったの」と悲しげに言ってました。
もう少し大きくなったら、もう一度見せたい作品でした。



余談ですが、映画の最後の字幕で出て、さっきサイトを見に行ったら、宮城蔵王きつね村のきつねで撮影されていたと知りました。
娘が2歳になる前に一度行ったことがある場所です。
当時、娘は「わんわんだ!」と言い、とても喜んで、帰り際には、きつねのぬいぐるみを買った思い出があります。
懐かしい・・・。
| 映画館で見た映画 | 22:10 | comments(1) | trackbacks(0) |
のび太の恐竜2006

今日は、午後からは、娘と映画を観に行く約束をしていた。
今日は、水曜日だから、レディースで1000円で観れるから。。。(娘は、変わらず1000円かかるけど)
春休みになったら混むだろうし。。。と思って、園まで車で迎えに行って、着替えを持って、そのまま映画館まで行った。

予想外で、すごく混んでた((+_+))
やっぱりみんな考えることは一緒なんだなー。

なんだか予告が長くてなかなか始まらなくて、イライラした。だって、予告を見ると、娘が、「あ、これ行きたい!」と騒ぐので、出来れば新作の予告は見たくないのだ。

しばらくするとやっとスタート。
最初は、
「やっぱり、ドラえもんの声が嫌」とか
「絵が、いつもと違う??」と思ったりしたが、いつの間にか、母子共に映画に引き込まれていった。

周りのどの子も「ドラえもんワールド」に引き込まれて、笑ったり、怖がったり。
我が娘も、同じように爆笑したり、私に捕まったり、悲しそうな顔をしたり。。。
私も子連れってことを忘れて、何度も泣いた。(←オイオイ)

やっぱりいいなー♪ ドラえもん。。。
小さい頃から見てて、昔から大好きだったドラちゃん。
大山のぶ代さん時代のドラえもんの映画を見に行きたかったな。。。とも少々思った。

そういえば、最後の声優さんの名前を見て、
『劇団ひとり』さんが、何役かをこなしているのを見たが、全然気がつかなかった。ワイドショーでも言っていたような気もするけど。。。
そして、スキマスイッチさんたちも声優で参加されていたんですねー。それは全然知らなかったー。


昔、昔、大山のぶ代さんの『ドラえもん』がヒットするその前に、ドラえもんの漫画がテレビで放映されていたのを知っている人はいますか??
私は、かすかに記憶があります。。。
「♪ぼくのドーラえーもんがー  ま ち をあるーけばー・・・・」と続く歌。
なんで、この時は、ヒットせずに、数年後、あんなに大ブレイクしたのか、そしてそれが今も続いているのか、とってもとっても不思議な私です。




これ→ お土産でもらいました♪
| 映画館で見た映画 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(2) |
試写会 「南極物語」

春は、たくさん見たい映画があり、手当たり次第に試写会の葉書を出して、やっと当たりました!

南極物語

これから上映されるわけですから、ネタバレになるので、詳しいことは書きませんが、もう20年以上前になると思いますが、映画化された「南極物語」をDisneyがリメークしたものです。
そういうわけで、若干違うところがあり、犬の数もずいぶん違いました。

それにしても犬の演技力というか、言葉がないのに、感情が伝わってくるというその表情・行動に、魅了されました。
もう最後は、涙・涙でした。。。

これは、超オススメ映画です!!
私ももう一度、観に行きたいぐらい!
そして、タロとジロのDVDも見ようと思います。


| 映画館で見た映画 | 23:53 | comments(2) | trackbacks(0) |
博士の愛した数式
今日は、忙しい1日なのですが、朝から急に思いついて映画を観に行きました。
近くの映画館では、来週末までだったが、来週はこれまた忙しいので、今日の午前中に行くことに決めたのだ。
ちなみに、金曜日の朝一番の映画は、1000円で見られるのだ(^^)v


感想は、とても良かった。
ここといって盛り上がる場所もないが、見終わってとても暖かい優しい気持ちになれた。
優しい時間が流れてた・・・そんな感じ。

いろんな数式や、数学の専門用語も出てくて、勉強になるが、「数学はダメ!」っていう人でも、受け入れられる感じ。
例えば、『階乗』。
博士が、「あなたの靴のサイズは?」と深津絵里さん演じる家政婦さんに聞くと「24センチ」と答える。
「ん。。。実に清い数字だ。4の階乗だ」と言う博士。
『4の階乗』とは、4までの自然数の積。1*2*3*4=24
なるほど。。。

それ以外にも『円周率π』や、後に数学教師になったルートくん『√』、完全数などなど。。。。
私の説明が下手なので、これだけ見ると、
「なんか、難しい映画・・・」と思われたら困るけど、とても良い作品でした。


e(πi)+1=0


数字ってある意味割り切れて、冷たいような気がするが、博士によって、魂が吹き込まれたように温かく感じた。
数字の形容に「美しい」「すばらしい」 そういう言葉を当てはめるのは、とても新鮮だった。

人の心のはかなさ、絶望感、そういうものも勿論感じ取ることは出来たけど、とても暖かい。
√くんの母親である家政婦さんの優しい気持ちで、淡々と時間を過ごすだけだった博士の心と、それまでの人生で心を閉ざしていた博士の義姉の心を和ませることが出来た。
なんだか、今日はやさしい気持ちで過ごせそうだ。

今日は忙しいので、この辺で。
うまく書けなかったのが残念だが、今の気持ちを残したくて。
是非、原作も読みたいと思った。

最後に、時間帯もあるのかもしれないが、映画館を見渡すと、私が最年少??っていうぐらい年齢層が高かった。
でも、私なんかよりもっと若い人、それこそ高校生なども観て欲しいなと思った。



| 映画館で見た映画 | 23:12 | comments(2) | trackbacks(0) |
シャークボーイ & マグマガール 3D
幼稚園の代休だったので、約束していた映画を見に行った。

シャーク・ボーイ&マグマ・ガール』。
平日の昼間とあって、会場は、ガラガラ。なんと親子2組。
お陰で、くつろいで見れた。
この映画は、3Dメガネを装着したりはずしたりして見るわけだが、娘は、そんなことは、お構いなしで、予告からずっとメガネをかけっ放し(^_^;)。

話の内容は、ファミリー向けというか、子供向け。
ネタバレになるので、内容は控えさせていただくが、夢を見るというか、空想好きな男の子の話。ほとんど舞台は、夢の中。
それなりに引き込まれて面白かったが、辛口で言えば、どこかで聞いたことのあるような話といえば、それまで。
でも、「友情」とか、「両親が仲良くして欲しいと思う気持ち」とかは感じ取ることが出来た。
それから、最後に
「たくさん夢を見て、それを実現させるために、努力したい」という主人公の言葉を聞いて、素直に感動した。
これは、大人になってもそうだよね。
娘は勿論、私もまだまだ夢見るお年頃(?)。実現させるために頑張ろう。

娘は、どこまで内容はわかっているかわからないけど、「面白かった♪」ととても満足そうでした(*^_^*)

| 映画館で見た映画 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
チキン・リトル
チキン・リトルを観にいきました。
娘は、最初から最後まで大喜びでした。
私は、期待ほどではなかったけど、面白かったです。
内容が良かった。

・子供とじっくり話しをすること。
・どんなことがあっても、我が子を信じること。
・あきらめずに最後まで一生懸命すること。
この3点がテーマだったと思います。

これは、今の私、それからこれから子育てをしていく上で、親子間でとても大事なことだと改めて思いました。

娘は、すっかり影響を受けて、今まで出来ることでも
「ママ〜、してーーー」と甘えていましたが、
「今日から生まれ変わるんだ!」とチキン・リトルが言っていた台詞を言って、頑張って取り組むことも増えました(^^)。
これは、良いことだ♪



娘は、すっかり映画にハマってしまったようです。
来月は、予告で見た『シャークボーイ&マグマガール』を観にいくそうです。
そして、春休みには、『ドラえもん』

私は、来月から水曜日の午前中に一人で映画を楽しむ時間を作りたいと思います♪
楽しみ(^^♪

| 映画館で見た映画 | 23:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
「あらしのよるに」
あらしのよるに前から観たいと思っていた「あらしのよるに」を観に行きました。
これから観る方もいるでしょうから、ネタバレになるといけないので、あまり書きませんが、感動しました〜!
メイ(ヤギ)もすごくかわいいし♪
何度も泣きました。

「友情」の話なんですが、メイ(ヤギ)もガブ(狼)もオス。
もし、これが異性の話だったら、どうなったんでしょうねぇ。
「悲恋」の話ももつれてくる・・・??なんて余計なことも考えてしまった私(^_^;) 
大人になると嫌だ、嫌だ(+_+)

「相手を信じること」は、とても大切なこと。
「信じあうこと」は一人では出来ないし、相手も同じ気持ちになってくれることだから、とても幸せなこと。
最近、人間関係も薄っぺらいものになりつつあるような事件をよく耳にするので、こういう映画はとても心が温かくなる。

娘もそれなりに感じることがあったようだった。
最初の方は、よく理解できなかったみたいだし、狼の動きや話し方が面白かったらしく、笑うところじゃないのに、一人ウケたりしていたので、「この映画は、ちょっと早かった??」と思ったが、途中からは集中して観ていた。
観終わると、「なんか、泣きそうだね」と言っていたし。
「いい狼さんもいるもんね。メイちゃん(のこと)食べなかったし)」としきりに言ってました。

けど、「友情」のために、それまでの仲間や家族を捨ててしまったことは、親の立場に立つとちょっと複雑。。。
うーーーん。難しいねぇ。


「映画」ってやっぱり良いなぁ♪
また行きたい!

| 映画館で見た映画 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |