CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
楽譜を読むということ
12月から、娘は某音楽教室に通い始めた。
グループレッスンで、楽しい♪
まだまだ楽器への導入課程で、歌ったり、リズムを感じたりすることがほとんど。
そんな中で、鍵盤楽器で曲を弾いたりもする。
そして、宿題も出る。

今、娘が苦手としているのは、楽譜が読むということ。
先生の説明を聞いても、「はぁ??」って感じだった。
「ソのところにマグネットを置いて〜」と先生が仰っても、
「なんですか??」という顔をしていた娘。

こりゃいかん!ということで、家で地道に教える。
ようやく、「ド・レ・ミ」まではわかるようになった。
でも、それ以降は、「は??」って感じ。

「なんでそんなんわからへんのぉ!」と怒りながらも、私の講師経験から思い起こすと、楽譜を読むことを理解できないのは、圧倒的に女の子の方が多いような気がする。
男の子は、覚えだしたら早い。
男の子の方が、立体的に物事を考えているのではないか」という考えも聞いたことがある。
確かにそうかもしれない。

娘は、まだひらがなも全部わからない。数字も怪しい。
なのに、楽譜だけ読めるわけないなぁ。。。と思いながらも、習ったことはしっかり頭に入れていって欲しい。

・・・とえらそうなことを言ってる私も、その昔楽譜なんて全然読まず、姉が弾いた曲を耳で覚えて弾いていたんだけどね(^_^;)

まぁ、娘のことは焦らず覚えていって欲しいと思います。
| 音楽教育について | 23:06 | comments(9) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |